通販ページでアフターピルを安全に購入するには

MENU

通販ページでアフターピルを安全に購入するには

アフターピルは急場避妊薬と呼ばれる、望まない受胎を遠ざけるために服用する薬だ。

 

「コンドームが破損した」、「避妊しなかった」ので使用する人が多いですが、中には、「レイプされた」という深刻な理由で使用する人もいる。

 

アフターピルの知名度は3人に1人という案外激しくありません。国内の人工中絶の値は平年20万人前後で推移している。アフターピルのカタチが一層バレるようになれば、人工中絶という苦しい選択肢をする人が減っていくかもしれません。

 

アフターピルは先生の処方箋が必要な薬だ。行き来カテゴリーのヒトべ法のプラノバールやドオルトンの他、2011世代にリリースが開始されたレノルボ錠があります。

 

ヒトべ法の薬は吐き気や嘔吐などの副作用が出やすいと言われています。一方レノルボ錠は吐き気や嘔吐など副作用が非常に少ないとされています。先生の処方箋を受け、ヒトべ法は5000円~8000円、レノルボ錠は15000円程度で購入できます。保険の実践はありません。

 

アフターピルは通販で購入することもできます。通販で購入する場合は国外輸入賜物となります。とある国外医薬品の私立輸入仲介のウェブサイトでは、「アイピル」「アンウォンテッド72」というアフターピルを扱っていました。アイピルもアンウォンテッド72もノルレボ錠のジェネリック医薬品だ。

 

アイピルは1350円、アンウォンテッド72は1140円って非常に安価に購入できます。医薬品の私立輸入仲介特典は医薬品の商いではなく、私立による輸入の仲介特典になります。

 

薬事法では秘密理由に以上輸入が認められています。但し、私立輸入医薬品の投薬抑止は購入者の自己責任となります。

 

アフターピルトップへ