アフターピル摂取ときの生理において

MENU

アフターピル摂取ときの生理において

アフターピル,生理

 

アフターピルは避妊が失敗した際に使用する非常時のホルモン剤で、服用すると体内のホルモン分散を違いさせて、排卵を促す結果受精を回避するという仕掛になっています。

 

基本的には低キャパピルものの仕掛を持っていて、母親ホルモンを増減させる結果生理巡回を意図的に変化させるのが目当てだ。

 

アフターピルなどを服用して不自然に生理を起こすことを「消退出血液」と呼び、こういう消退出血液が起こるのはホルモン分散が変化して排卵が起こるまでに時間が絶対となっている結果、早くても3日光以上は経過しないという起こりません。

 

消退出血液が起こるまでの間は3~21日光くらいの違いがあり、アフターピルを服用する実態を通じて違いがあります。

 

服用したタイミングが排卵さっきか排卵期に服用すると、正常な生理が起こる年代って被さるので、排卵が早まって3日光から10日光ほどの間で生理が始まります。

 

ただし、排卵直後に服用すると、もはや生理が1度起こっている結果、次の考え日光まで生理が延びることがあります。

 

この際のアフターピルの反映は、排卵を促進するのではなく、低キャパピルと同様に排卵自体を抑制して、子宮時を受精しにくい状態にする行動を持っています。

 

そのため、直ちに生理が起こるのではなく、次の考え日光まで引き延ばされ、だいたい21日光後に消退出血液が起こるということになります。

 

このことから、アフターピルを服用して3ウィーク上記経過しても消退出血液が起こらなかった場合は、避妊が失敗して妊娠した可能性があると言えます。

 

アフターピルターゲットへ