アフターピルの伝聞

MENU

アフターピルの伝聞

ここではアフターピルにてどういう効果が得られたのかの伝聞を簡単に紹介してあります。

 

当サイトではわかり易い伝聞も別頁で紹介してありますので、参考にして下さい。

 

アフターピルの伝聞名簿

 

 

アフターピルの伝聞①
いまだに高校だった頃、初体験が大好きな彼というでした、無論まだ学徒だったのでコンドームを用いおめでたしないように避妊はしていました。

 

ところがある日終わってみるとコンドームが破けていたのです。

 

双方パニックになってしまい、誰にもディスカッション出来ず必ずネットで何かと調べて知ったのがアフターピルだったんです。

 

誰にもバレたくなかったのでクリニックへはいけず、通販で購入する事にしました。

 

払込みだと時間が繋がるのでクレジットカードで決算しその日に発送して買え次の日の夜に届きました。

 

アフターピルのお引き立てなのかはわかりませんが、その時は妊娠する実態なく安泰双方高校生を卒業する事も出来ました。


 

 

 

アフターピルの伝聞②
交際始動っての時だったので気も高まっていたのかもしれません・・・。

 

女房と泊まりがけで一緒に温泉旅行に行く事がついにだったので、気が甚だしくテンションホテルでは随分お酒を飲んでから愛し合いました。

 

今思い返すと、その夜の思い出ばかりないのですが、いつもなら強制始めるはずのコンドームをしないとおり働きまでいたことに昼前起きてから気付いたのです。

 

寝起きは頭もボーッとしていたのですが、丸々酔いが覚めるほどショックを受けました。

 

けれども以前と違うのはアフターピルを持っていることです。

 

24時間以内であれば効果が期待出来るので、すぐに服用しました。

 

でも数日はドキドキしていましたが、その時も無事に何事もなく成し遂げることが出来てやっとホッとしました。

 

更にくれぐれも繰り返してはいけないといった反省しつつ、アフターピルを持っていたことは実によかったってつくづく思いました。


 

 

 

アフターピルの伝聞③
仲よしに「避妊に失敗したらクリニックに行かなくちゃいけなくなって給与も増えるし、持っておいた方が良いよ」というアフターピルを、扱うことはないんじゃないかと思いながら用意して持ち歩いていました。

 

けどある日の彼との性交流の際に、コンドームが抜けてしまったことがあり、お互いにいまだにブライダルも考えていない瞬間だったので、只今、幼児ができちゃったら窮する!と大慌て。

 

排卵日光にはなんとなく手っ取り早いからだいたい大丈夫だけど、100%確実なイベントなんてないし、精子は子宮の中で何日か生き延びることができるは知っていたので、万が一のことを考えてアフターピルを呑むことにしました。

 

も不可欠を感じていなかったので持ち家に置きっぱなしで、その日は持っていませんでした。

 

彼の持ち家にいたのですが、慌てて家に帰ってアフターピルを飲んでその日はありのまま寝てしまいました。

 

も、必ず生理が来るまでは妊娠してないということが確定していないので傲りは出来ませんでした。

 

アフターピルを飲んで5日光ほどしたら生理が来たので、今回はおめでたしなかったんだというホッとしました。

 

あの内、アフターピルを持っておいた方が良いと言ってくれた仲よしにサンキュー。

 

ウェブサイトを見ているとアフターピルを飲むと副作用が起こることがあると書いてありましたが、あたいにはインターネットに書かれているような吐き気や心の弾力といった副作用は起こらなかったので、生理が来るまでは不安がありましたが、副作用という点では常にと状態もあんまり変わりませんでしたので、安心していました。

 

このことがあってから、アフターピルは持ち家に置き忘れるのではなく、ちゃんとポーチの中に鎮痛剤と共に常備薬として持ち歩くようにしました。

 

現在用心になったのはその1回きりですが、何かあったまますぐに飲めるような対処はしておくと、安心できます。

 

仲よしにも、あたいが教えてもらったように「持っておいたほうがラクだよ」って伝えています。


 

 

 

アフターピルの伝聞④
アフターピルによるのは生活で単に1度でしたが、あたいにとってはいとも強烈な見聞きでした。

 

あんまり公にできませんが、6年代事前当時、お付き合いしていたダディーから妻子がいることを知らされぬとおりお付き合いすることになりました。

 

ブライダル規則でならのでお付き合いをスタートさせたこともあり、避妊をしなかった現実も何度かありました。

 

ある日美味しい食事というお酒の後に旅館をめぐって、働きをしました。彼女が避妊してくれている賜物というばっかり信じ込んでいて、働きが終わったあと、ふっと見たら、避妊を通していなかったことに気づきました。

 

これまではそこまで気にすることはなかったのですが、どうしてもこの時だけは不快予感がして、排卵了見日光のスケジュールなどをあっという間に携帯で調べた企業、非常に危険な日光であるということが判明しました。

 

血の気が引きました。只今考えればマジ普段着な実践であったという深く反省しています。

 

但し、過ぎた事を悔いても仕方なく、一旦冷静になってどうするか考えました。

 

相手にもディスカッションしましたがポジティブに、「一緒にお風呂に浸かれば何とかなるよ」といった非常にばかげたイベント言ってはぐらかしました。

 

きちんと、その辺りアフターピルが日本でもひろがり始めた頃だったようで、幸運なことに誠に3日光前にその特集を読んでいたのです!あとはそれを呑むか飲まないか。

 

一旦この男は頼れないと痛感したあたいはさくっと、かかりつけの霊能方君に電話して診てもらうことにしました。

 

すると、呼出越しに「飲んだほうが相応しいチックよ」という提唱頂いたので、明日職場を休んで産婦人科へ。

 

初めての見聞きに震えが立ち寄りませんでした。女医の先生でしたが、手厚く諭して貰い、「後日こういうことがあったら、是非産んであげて下さい」って神妙に言われ、家に帰りました。

 

また幸運なことに、薬の改良で2錠飲み込む大事があったものが、何となく今月から1錠で効くようになったとのこと。

 

1錠を震えながら呑み、副作用が怖くてすぐに寝ることにしました。

 

起きたら、腹痛などの副作用はチクっと始める程度で、まったく問題ありませんでいた。直後、きちんと生理も来て、ラクしました。


 

アフターピルトップへ